アミノ酸シャンプーとしての守り髪の真実について

守り髪アミノ酸シャンプーかどうかを解説します。
その成分内容から、いろいろと探りを入れてみましょう。

守り髪のシャンプーはアミノ酸系の洗浄成分を用いたノンシリコンのものです。
その洗浄成分はアミノ酸系のココイルグルタミン酸TEAやコカミドDEAをはじめとして、オレフィン(C14-16)スルホン酸Naなどです。
他にはココアンホ酢酸Naといった成分表示で早い順で挙げられているものが、洗浄成分に当たります。
アミノ酸系の洗浄成分だけというわけではありませんから、アミノ酸シャンプーと言うには難しい場合もあるかもしれません。
ただ天然由来の洗浄成分で構成されているようですから、添加物を心配する人には問題ないものでしょう。

アミノ酸系の洗浄成分の特徴としては、石油系やアルコール系それから石鹸系のものに比べて脱脂力がやや弱いことです。
1度洗いだけでは、汚れを含んだ脂分がまだ残っているという場合もありえます。
また脂性肌の人によっては、脂分が多く残っていることで洗い上がりにベタつきを感じる場合もあるかもしれません。
これは他のアミノ酸シャンプーでも起こりえますが、守り髪のシャンプーでも変わらないことです。
そのため、場合によっては2度洗いを必要とする場合もあるかもしれません。
髪や地肌に刺激を与えないものですから、2度洗いしたことで悪い影響はありません。

守り髪のシャンプーに対しての感想としては、きしまないという声が多く見られます。
アミノ酸系の洗浄成分により、アミノ酸シャンプー同様に脂分を落としすぎないことも関係しているでしょう。
そして、髪の保護に役立つ成分も含まれているおかげと見ることもできます。
キューティクルに吸着するヒアルロン酸成分により、髪の表面が整えられる期待が持てますから、それが保護や保湿に役立ちやすいわけです。

守り髪にはアミノ酸シャンプーと同様に、髪や地肌に刺激を与えないやさしい洗い上がりが期待できるでしょう。
髪の表面を整える期待が持てる成分も含まれており、きしまない洗い上がりが好評です。