守り髪の使い方を間違るとやばい真実

守り髪使い方について、紹介をしましょう。
何か特別な方法を必要とするほど難しいものではありませんが、少々注意したい点もあります。

守り髪のシャンプーの使い方に関しては、無添加系やアミノ酸シャンプーなどで洗う場合と大して変わりません。
シャンプー前にはブラッシングをして、髪のほつれや髪にまとわりついたホコリなどの汚れを落としておきます。
汚れが多いほど泡立ちにくいものですから、その下準備です。
次にぬるま湯で地肌も含めてすすぎ、ブラッシングで落ちなかった汚れや、皮脂と結びついて落ちにくい汚れを浮かしておきます。
汚れを含んだ整髪料なども溶かしておくイメージです。

ブラッシングとぬるま湯によるすすぎで汚れを浮かしシャンプー前の準備が整えば、シャンプーを手のひらに取り水を含ませながら泡立てます。
こうした使い方は守り髪だからと特別なものではありません。
髪や地肌にシャンプーをつけ、指の腹で地肌をマッサージしながら洗っていきます。
その際に爪を立てたり、ゴシゴシと洗い傷つけるようなことはすべきではありません。
2回洗いをするのであれば、1回目は予洗いのつもりで全体を軽く泡立てたくらいですすぎ、2回目で地肌も含めて洗います。

シャンプーでの洗髪が済めばすすいで洗い流し、その上で守り髪のトリートメントを毛先を中心にして馴染ませていきます。
そのまま3分から5分ほどしてから、すすいでトリートメントを洗い流す使い方です。
シャンプーとトリートメントのすすぎは、しっかりと充分に行って構いません。
守り髪のトリートメントは髪の内側に成分が作用するものですから、髪の表面に残しておく必要はないからです。
洗髪後にタオルで水気を取った後に、ドライヤーの風で乾かします。
熱で作用する髪のハリやコシ改善の成分が機能してくれることでしょう。

守り髪の使い方としては、丁寧な洗髪法と大して変わりません。
注意点を挙げれば、シャンプーとトリートメントはしっかりすすぐべきことです